摂取しやすいプロポリスカプセルとは

摂取しやすいプロポリスカプセルとは

プロポリスはローヤルゼリーと同じく、ミツバチがつくる天然由来の健康食品です。
そのままでは摂取しにくいため、粉末状にしてカプセルに充填した物がプロポリスカプセルです。

プロポリスはミツバチが樹液や樹皮、ミツロウなどを噛み砕き唾液と混ぜワックス状になった物です。
優れた殺菌作用と抗菌作用があり、巣の中を清潔に保ったり、巣の入口をプロポリスで補強したり、体の大きい外敵の侵入を防ぐために作られます。
炎症を鎮める作用がある事から、天然の抗生物質と呼ばれる事もあります。

人が取り入れる事で様々な健康効果が期待できますが、そのままでは摂取しにくいため、エキスを抽出した粉末状にして、それをカプセルに充填したサプリメントとして取り入れるのが一般的です。
これがプロポリスカプセルです。

プロポリスカプセルはたくさんのメーカーから発売されていますが、メーカーにより1粒あたりのプロポリス含有量は異なります。
また他の成分をプラス配合している物もあって、この場合はプロポリスの含有量は減りますが、他の成分との相乗効果が期待できます。

サプリメントの場合は食品と同じ扱いですから、効果を実感するまでには時間がかかります。
早く効果を実感したいがために、1日あたりの摂取量よりも多く飲もうとする事があります。
サプリメントは薬のような副作用はありませんが、過剰摂取をしても吸収される量は決まっているので、多ければ早く効く、良く効くという事はありません。

個人差はありますが、過剰摂取をする事でアトピーや喘息の症状が悪化したというケースも確認されています。
いくら食品扱いといっても、過剰摂取により肝臓や腎臓に負担をかける可能性もゼロではない以上、1日あたりの摂取量を守り過剰摂取をしないように注意してください。
プロポリスは1日あたりの目安が、約300mgとされています。
ビタミンCと同時に摂取すると吸収率が高まるので、ビタミンCを配合している物や、ビタミンCが豊富なフルーツを食べるのもおすすめです。

ページのトップへ戻る