メインイメージ

「プロポデンタルリンスR&C」を買ってみた

プロポデンタルリンスR&Cを買って飲んだ結果をまとめました!

公式サイトはこちら

プロポデンタルリンスは、プロポデンタルEXと同様に高濃度プロポリスエキス配合の薬用液体ハミガキです。
プロポデンタルEXと同じメーカーから販売されています。

私の場合、↓の画像を見て興味を持ちました。

どうやらプロポデンタルEXと一緒に使うと、歯周病予防により役立つようです。
マウスウォッシュという性質上歯磨き粉よりも口の中への刺激が強そう…ということで抵抗があったのですが、今回は思い切って購入してみました!

使い心地・効果などを確認してみたいと思います。

まずは下調べをしてみました。
基本的な効果はプロポデンタルEXと同じですね。

配合されている成分もイソプロピルメチルフェノールや酢酸トコフェロールなどなど、プロポデンタルEXと大差はありません。
とりあえず、体に合わないということはなさそうです。

使用されている原材料もやはり高品質なブラジル・ミナスジェライス州産プロポリスでした。
ウルトラグリーン品質のプロポリスだけが使用されているとのこと。

環境、周囲の植物相、使用する蜂の種類にも配慮された自社養蜂場で採取されたプロポリスなのがポイントです。

なるほど、使用しているプロポリスが同じなら、風味のクセが少ない点もプロポデンタルEXと同じかも!
「使いやすさ」に関しても期待が膨らみます。

生薬成分も複数配合されているようです。
カンゾウエキス・茶エキス・トウキエキスなどは、歯周病対策マウスウォッシュなら定番系の成分ですよね。
プロポリスだけではなくて、こういった成分もプラスされているのが心強い!

ちなみに、防腐剤や研磨剤、発泡剤などは使用されていないようです。
安心感については十分なレベルと言えそう。

医薬部外品というカテゴリではありますが、ナチュラルな印象の製品ですね。

購入してみました!

早速、プロポデンタルリンスを購入してみました。
初回限定セットというコースを選択したので、値段は1本で1800円。

プロポデンタルEXと同様、歯科医院専用歯ブラシが付いてきました。
この歯ブラシが結構良いんですよね!

歯周ポケットにもしっかり毛先が入って、汚れを簡単に落とせるんです。
使ってみると分かりますが、スーパーやドラッグストアで売っているような市販品とは一味違います。

ちなみに、1本あたりの内容量は300mlとのことでした。

味・風味は?

実際に使用してみました。
液体の色はプロポリスっぽさのある鮮烈なグリーンです。
プロポデンタルEXとは違い、透明感がありました。

匂いにクセはありません。
液体歯磨きにしてはとてもマイルドで、市販品のような強い刺激がありません。
長~く口に入れておくと、口の中が少しヒリヒリするような感じが出てくる程度です。

個人的にはとても使いやすい液体歯磨きだと思いました。

市販の有名なマウスウォッシュは3日と続けられなかった私ですが、これなら無理なく続けられそうです。
軽く使うだけでも口の中が洗浄できているような感覚がありますし、とりあえず気に入りました!

こんな使い方が合いそう!

プロポデンタルEXで歯磨きをした後に仕上げでプロポデンタルリンスを使うという利用方法は良さそうです。
この使い方をすると、歯磨きの後の清潔な状態が長続きするような感覚がありました。
磨き残してしまった部分もケア出来て、口臭の予防にもしっかり役立ってくれました。

また、どうしても歯磨き(ブラッシング)をする時間がないという場合は、とりあえずこのマウスウォッシュで済ませるという使い方もアリ。
他のマウスウォッシュと違って、しっかりとケアできている感覚があります。

結論をまとめ

私の場合、プロポデンタルEXとあわせて使うという使用方法がメインでした。
この使い方をすると、どちらか単体で使う場合よりも歯周病や口臭への効果が高まったような気がします。

とはいえ、正直なところ、どちらか一方だけ使うという形でも十分な効果を実感できるはず。
※ただし、プロポデンタルリンスのみを使う場合は、口に含んだ後にブラッシングをする必要があると思います。

プロポデンタルリンスは1本で一か月半ほど使用することができました。
(プロポデンタルEXの場合は1本で一か月ほど)

そのため、コスパについては甲乙つけがたいかな~というところですね。
使い勝手から好みの方を選ぶのがおすすめかな?

もちろん、一番のおすすめは両方を併用すること!
ちょっとでも歯周病や口臭の自覚症状がある場合は、この使い方を検討してみて欲しいですね。
口内環境が改善してから、どちらか一方にするとベストではないでしょうか?

逆に「予防したい」という目的の場合は、どちらか好みの方を選ぶという形でも良いと思います!

初回割引キャンペーンはこちら

こんな記事も読まれています

トップに戻る