プロポリスには鎮痛作用がある?

プロポリスには鎮痛作用がある?

プロポリスには様々な成分が含まれていますが、ポリフェノールの一種・フラボノイドには痛みを和らげる働きがあります。

頭痛持ちの人や生理痛がひどい人は、痛みがあるとつい鎮痛剤に頼ってしまいます。
偏頭痛や思い生理痛の場合は、鎮痛剤がないと日常生活や仕事に支障が出る事もありますので、我慢するよりも薬を飲んだほうが良いとも言われます。

しかし鎮痛剤に頼ると、今度は薬がないといられなくなるという依存性もあります。
どんな薬でもそうですが、副作用のりすくもありますから、できれば薬に頼りたくないと考える人もいます。
こういう時もプロポリスが役立ちます。

プロポリスに含まれるフラボノイドは、ポリフェノールの一種で、鎮痛作用があります。
これは医療の現場でも末期癌の痛みを緩和させるために使用されるほどの効果があり、モルヒネの5倍程の効果があると言われています。
モルヒネは鎮痛剤の中では最強のものですが、その分副作用も大きく、体にも負担がかかります。
プロポリスは自然由来のものですから、副作用の心配がなく、体にも負担をかけません。
個人差があります、投与してから10分ほどで効き目が現れ、40分程持続すると言われています。

他にも頭痛や生理痛の痛みを和らげたり、歯痛を和らげたりするなどの効果が期待できます。
頭痛持ちの人はちょっとした刺激でも頭痛が起こり、一旦痛み出すと放置していても改善されず余計に痛みがひどくなる事があります。
痛みをなんとかしたいけど、あまり薬を飲みたくないという時は、プロポリスを試してみましょう。

どうしても薬を使わなくてはいけない時は、プロポリスを同時摂取する事で薬の効果を高める事もできます。
鎮痛効果を高める、薬の副作用を軽減するなどメリットもあります。
ただし医薬品との相性もありますから、同時に摂取する場合は必ず医師に相談して指示を仰いでください。
このように幅広い目的で使えるのもプロポリスの良いところです。
プロポリスサプリはランキングから選ぶと失敗がないですよ。

ページのトップへ戻る