メインイメージ

プロポリスが抜け毛予防に有効な理由とは

抜け毛についての要約情報はこちら

プロポリスには抗酸化作用や血行促進などの働きがあるため、抜け毛の対策にも有益な効果をもたらします。
抜け毛を増やす大きな原因には、ストレスや生活習慣による血行不良が挙げられ、血行をよくする働きに優れたプロポリスの活用は、非常に有効と考えられているのです。
この記事では、プロポリスの持つ働きによる抜け毛予防の効果についてご紹介します。

抜け毛が起こるメカニズムについて

髪の毛は1日に0.3~0.5mm、1ヶ月で約1.2cm、1年では約15cm伸びるとされ、一定期間が経つと自然に抜けて新しく生え替わる『ヘアサイクル』をくり返しています。
ヘアサイクルは平均して4~6年の期間があり、毛母細胞が分裂して髪が伸びる成長期、成長が止まる退行期、自然に抜け落ちる休止期をまとめて1周期としています。
髪の1本1本はヘアサイクルが異なり、抜け落ちる時期がずれるため、通常は一度に大量に抜けることはないものの、なんらかの原因で成長期が短縮してしっかり成長する前に抜けたり、細く短い毛が生えてきたりします。

抜け毛が増える主な原因とは?

抜け毛が増える主な原因には、遺伝や体質など先天的なものだけでなく、長年の生活習慣や慢性的なストレスといった後天的なものも含まれます。

生活習慣で起こる血行不良と抜け毛の関係性

過度の喫煙や飲酒は、血行不良を招き抜け毛を増やす大きな原因に挙げられます。
まず、タバコを吸うと体内の活性酸素の大量発生を助長するため、生体成分や細胞を酸化させて老化を促してしまいます。
活性酸素が必要以上に増えると、頭皮を含む全身のあらゆる細胞が酸化し、髪の発育を担う毛母細胞を老化させて正常な機能を損ない、抜け毛の増加につながります。
血管細胞の老化が進行すれば血行が悪くなり、頭皮への酸素や栄養素の供給が不十分となって抜け毛を増やしてしまうのです。
また、適量のお酒を飲んだ直後は、肝臓でアルコールが代謝される過程で生じるアセトアルデヒドの働きによって、一時的に血行がよくなります。
しかし、過度の飲酒はアルコール代謝能力の限界を招くため、血行不良を引き起こします。
個人差があるものの、一定量を超えたアルコールを摂取すると分解に必要な酵素が不足し、アルコール代謝が不十分になるからです。
飲み過ぎでなくとも、長年の飲酒の習慣は血行不良による血管の酸化を助長するので、抜け毛が増えやすくなります。
さらにアセトアルデヒドの発生は、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンの分泌量を増やすため、過度の飲酒が両者の増加を促して大量の抜け毛につながる恐れがあるのです。

ストレスの蓄積と抜け毛の関係性

抜け毛を増加させる大きな原因には、ストレスの蓄積による交感神経の緊張もあります。
人体はストレスを感知すると、体内でコルチゾールなどのストレスに対抗するホルモンを分泌して交感神経を刺激し、血管を収縮させて血行不良を引き起こします。
交感神経優位の状態が一過性であれば、抜け毛を増やす引き金とはならないものの、現代人は常にストレスにさらされて生きているのが実情です。
ストレスが常態化すると交感神経が過度に働く状態が長引き、血液循環の悪化も慢性的になって頭皮への酸素や栄養素の供給がとどこおり、抜け毛を増やしてしまうのです。

呼吸によって取り込まれた酸素の約1~3%が変性する活性酸素は、病原菌から身体を守ったり、抵抗力を高めたりする重要な役割を持つ一方で、過剰に増えると正常な細胞などを酸化させ、老化を促す大きな原因ともなります。
特にストレスは大量の活性酸素を発生させるため、強いストレスを受けるほどその発生量は増大していくのです。
酸化による老化の悪影響は、頭皮の毛母細胞や毛乳頭にも及ぶだけでなく、皮脂腺から分泌される皮脂を酸化させ、毛根を詰まらせて栄養素の供給を妨げる側面からも抜け毛を増やしているのです。

プロポリスが抜け毛対策に効果的な理由とは?

抗酸化作用があるため

プロポリスには20~40種ものフラボノイドが含まれており、その多くが優れた抗酸化作用を備えています。
その働きで活性酸素の過剰な発生を抑え、頭皮の皮脂腺から分泌される皮脂や、発毛に関わる毛母細胞や毛乳頭などを酸化から守り、抜け毛予防に貢献しているのです。

血行を促すため

また、フラボノイドには新陳代謝を活性化し、全身の血液循環を促す作用も備わっています。
抗酸化作用によって血管の酸化を防いで強化することで、血行の促進につながっているともいえます。
頭皮の血行がよくなると、髪の成長に必要な栄養素が毛母細胞や毛乳頭に供給されるので、抜け毛が防げるだけでなくハリやコシのあるしっかりとした髪がつくられます。

心身をリラックスさせ質の高い睡眠を促すため

プロポリスは揮発性物質のフィトンチッドを含むため、心身を緊張をほぐしてリラックスさせ、副交感神経を優位にして質の高い睡眠を促す効果が期待できます。
フィトンチッドのリラックス作用で深い睡眠が得られると、髪の成長に必要な成長ホルモンや、抗酸化作用や免疫機能の向上にも作用するメラトニンの分泌が促されます。
睡眠はそれ自体がストレス解消に有効なので、深い眠りは抜け毛を招くために不可欠なのです。

こんな記事も読まれています

トップに戻る