メインイメージ

ブルーベリーとプロポリスを合わせるメリットとは

目の疲れに改善効果が期待できるとして広く知られるブルーベリーには、その働きを支える『アントシアニン』を多く含むのが特徴です。
フラボノイドに属するアントシアニンは、その働きによって目の疲れをやわらげる効能のほか、活性酸素の過剰な発生を抑える抗酸化作用も発揮し、有益な効果をもたらします。
プロポリスはアントシアニンなどのフラボノイドを20~30種含むため、強力な抗菌・殺菌作用や抗酸化作用を示し、ブルーベリーと同時に摂ることで細胞の老化を防いで、視力機能の回復を促すなどのメリットが得られると考えられているのです。
この記事では、ブルーベリーとプロポリスを同時に摂るメリットについてご紹介します。

ブルーベリーの特徴について

およそ150種を超える品種があるブルーベリーは、アメリカ原産のツツジ科に属する植物で、食用として栽培されています。
主な生産地は、原産地であるアメリカやカナダが挙げられ、生産量もそれぞれ1位と2位となっており、両国を合わせると世界の生産量の約85%を占めることになります。
ブルーベリーの実は生のまま皮ごと食べられるので、果皮と果実との間に含まれる栄養素をむだなく摂取できるのが利点です。
生食以外にもジャムやドライフルーツ、缶詰などに加工されることが多く、果汁や抽出エキスにすることによりジュースやサプリメントの原材料としても利用されます。
ブルーベリーに含まれる栄養成分を効率よく摂るには、生のまま食べるのが一番といえるものの、時季によって収穫量が異なるため、加工品を摂るのもおすすめできます。
また、ブルーベリーの果実の中にはビタミンやミネラル類、食物繊維などの栄養素のほか、抗酸化作用を持つアントシアニンが豊富に含まれるのが特徴です。
ブルーベリーが目によいといわれるのは、このアントシアニンが15種類含まれていることにあるのです。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンの働きとは?

上記のように、ブルーベリーにはアントシアニンが数多く含まれ、中でも特に抗酸化力の高い『デルフィニジン』と『シアニジン』の含有量が高いのが特徴的です。
これらの成分が発揮する主な働きを以下でご紹介します。

抗酸化作用

アントシアニンには、目を含めた全身の老化や、さまざまな疾患の発生の大きな原因となる活性酸素を除去する働きが備わっています。
活性酸素は外部ストレスや紫外線を浴びることなどにより、体内で大量に発生し、生体成分や細胞・遺伝物質などに酸化ダメージを与え、動脈硬化やガンなどを招く可能性を高めてしまうのです。
アントシアニンと同様に抗酸化作用を持つ代表的な成分といえば、ビタミンCが挙げられますが、水溶性のために水に溶け出しやすく、熱や空気・アルカリなどによって壊れやすい性質があります。
アントシアニンはビタミンCに比べ安定した抗酸化作用を示すため、複数のアントシアニンを含むブルーベリーは優れた抗酸化力を発揮するといえるのです。

視機能の改善作用の即効性

アントシアニンの持つ働きには、目の網膜にある紫色の色素『ロドプシン』の再合成を助ける作用も挙げられます。
視紅(しこう)とも呼ばれるロドプシンが、光を浴びることで生じる信号が脳に送られることで、ヒトは「目が見える」と認識できているのです。
その一方で、光を浴びたロドプシンはビタミンAに分解されたのち、再度合成される性質があります。
長時間の目の酷使などをつづけると、ロドプシンの再合成が追いつかず、減少していってしまいます。
アントシアニンがその再合成を促すことで、眼精疲労の回復や視力を改善する即効性が期待できるのです。

アントシアニンのコラーゲン安定作用

アントシアニンには、皮膚や骨・血管など全身の組織に弾力性を与えるコラーゲンを安定させる働きもあります。
コラーゲンは目の角膜や水晶体にも多く含まれる重要なタンパク質ですが、加齢とともに合成量が低下する性質があります。
そのため、アントシアニンによって合成が促されることにより、正常な視機能を保つ効果が期待できるとされています。

ブルーベリーとプロポリスを同時に摂るメリットとは?

プロポリスは、ミツバチが自分たちの巣を腐敗や外敵の侵入などから守るために、さまざまな植物の樹脂を集めて自らの唾液と混ぜてつくり出す物質です。
プロポリスの主成分ともいえるフラボノイドは30種以上も含まれているので、その原料となる植物は、抗菌・殺菌作用に優れた成分を含むものが多いと見なされています。
プロポリスは、ブルーベリーの主要な成分であるアントシアニンも含んでいるため、似たような作用を持つもの同士を合わせることで、眼精疲労の軽減効果やロドプシンの再合成の促進を高める効果が期待できます。
また、優れた抗酸化作用を持つ両者を同時に摂ることにより、老化の防止や血行促進、肌荒れの改善や生活習慣病の予防などの効果が高まるメリットが得られると考えられているのです。

こんな記事も読まれています

トップに戻る