メインイメージ

プロポリスとマヌカハニーの特徴や効能とは?

ミツバチがつくり出すハチミツの中でも、強力な殺菌作用を示すものに『マヌカハニー』があります。
同じようにミツバチの産物であるプロポリスにも、抗菌・殺菌作用が備わっており、健康維持に優れた効果が期待できます。
この記事では、プロポリスとマヌカハニーの特徴に触れ、それぞれに期待できる効果についてご紹介します。

マヌカハニーとは?

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生している『マヌカ』(学名:ギョリュウバイ)という木の花の蜜からのみ採れるハチミツです。
マヌカとは、ニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉で『復活の木』や『癒やしの木』を意味します。
濃い琥珀色をしたマヌカハニーは、一般的なハチミツよりも水分量が少なく、凝縮された花の蜜のため高い粘度と糖度があります。
そのため独特の香りとクセがあり、多くの日本人にとってなじみが薄い風味であるものの、有効成分を多く含むほど色も濃くなる傾向があるといいます。
また、マヌカハニーには殺菌成分が複数含まれていることや、ほぼ100%ニュージーランド産であることなどの特徴があります。
原料となるマヌカがその原産国とみなされているオーストラリアの一部地域のほか、ニュージーランドにのみ自生しているため、マヌカハニーの100%近くがニュージーランド産となるのです。

マヌカハニーの持つ特徴や期待できる効果とは?

上記のように、マヌカハニーには殺菌成分の『食品メチルグリオキサール(MGO)』と、抗酸化成分『シリング酸メチル』という成分が含まれているのも大きな特徴です。
いずれも一般的なハチミツには含まれず、マヌカハニーのみが含む特有成分となっています。
これらの成分の働きにより、マヌカハニーには殺菌作用をはじめ、その働きによる整腸作用や切り傷・やけどの消毒、風邪やインフルエンザの予防や改善、口内炎の改善や虫歯・歯周病の治療など多くの効能が認められています。
特にMGOは強力な抗菌・殺菌作用を持つため、ピロリ菌や大腸菌などの殺菌にも有効で、胃酸の欠乏や逆流などの原因となる細菌に対する抑制効果も認められています。
もともと通常のハチミツにも、殺菌成分の過酸化水素が含まれているので、適度な抗菌作用を発揮します。
しかし、過酸化水素による抗菌力は、ハチミツが熱や光・酵素の影響を受けるとすぐに消滅してしまうデメリットがあります。
MGOを含むマヌカハニーは、ほかのハチミツでは対処しきれない菌に対しても有効に働き、高い整腸作用を発揮するのです。
また、抗炎症作用や抗酸化作用を発揮するシリング酸メチルが含まれているので、レンゲやアカシア由来のハチミツに比べ、強力な抗酸化力を発揮します。
その働きにより、シミの予防や改善など肌を美しくする効果も期待できるのです。

マヌカハニーに関する注意点

マヌカハニーはハチミツのため、ボツリヌス菌に注意する必要があります。
食中毒症状の原因菌となるボツリヌス菌は、熱に強く加熱しても殺菌しきれないのがやっかいな特徴です。
そのため体内の善玉菌や抵抗力が未熟な1歳未満の子供は、ボツリヌス菌によって死亡する危険性があるので、マヌカハニーを決して与えないようにしましょう。

プロポリスの特徴について

プロポリスはセイヨウミツバチが採取した樹脂や樹液に、唾液や蜜ロウなど自らの分泌物に花粉を混ぜてつくり出す抗菌物質です。
マヌカハニーと同様にミツバチの生産物であるものの、ハチミツのような甘さはなく、原料となる樹木のなごりによる独特な苦みや刺激があります。
プロポリスがつくられる目的は、巣を腐敗させる原因となる微生物やウイルスなどから守ったり、巣の補強をしたりするためですが、人体に取り入れると健康に有益な効果をもたらすものとなるのです。

プロポリスに期待できる効果とは?

プロポリスには、20~30種のフラボノイドをはじめ、アルテピリンCやp-クマル酸、バッカリンなどの桂皮酸誘導体を含むため、強力な抗菌・殺菌作用と抗酸化作用などが備わっています。
各成分の働きによって期待できる主な効果は以下のとおりです。
・抗菌、殺菌作用・・・風邪やインフルエンザの予防、口内炎の改善や歯周病予防、整腸効果
・抗酸化作用・・・動脈硬化の予防、シミやシワなどの予防・改善
・抗炎症作用・・・やけどや切り傷、のどの痛みなどの軽減
・抗ガン作用・・・ガン細胞の増殖の抑制や死滅に有効
簡単に補足すると、プロポリスにはカフェイン酸フェネチルエステルなどのビタミン様物質が含まれているため、抗炎症作用を発揮します。
また、アルテピリンCには発ガン性物質の増殖を抑える働きあることが実験結果で明らかにされており、p-クマル酸はニトロソアミンという発ガン性物質の合成を抑制し、胃ガンの発症リスクを低下させるとされています。

まとめ

プロポリスとマヌカハニーは、原料となる植物や含まれる成分に違いがあるものの、似たような効果が期待できます。
いずれも強力な抗菌・殺菌作用と優れた抗酸化作用を備えているため、不調を感じた場合の薬効だけにとどまらず、高い予防効果も期待できるため、普段からの摂取が理想的です。
風味などの好みに応じて、健康の維持や美容効果に活用するのをおすすめします。

こんな記事も読まれています

トップに戻る