メインイメージ

プロポリスをつづけたい人に適した飲みやすいプロポリス

プロポリスは液体タイプを水やぬるま湯で薄めたり、好みの飲み物に混ぜたりするなどで飲むことが有用成分の吸収率を上げ、免疫力を高めて風邪の予防など有益な効果を発揮します。
とはいえ、プロポリスには樹脂や樹液由来の独特の風味や刺激臭、脂溶性ならではのべたつきがあるため、つづけて飲むのがストレスになってしまうという声も少なからずあります。
そのため、初心者でも飲みやすさを目的につくられたプロポリス製品が販売されているのです。
この記事では、プロポリスの摂取をつづけたい人におすすめの、飲みやすいプロポリス製品についてご紹介します。

飲みやすいプロポリス製品の種類とは?

ミツバチが採取した樹液に、花粉やミツバチの分泌物を混ぜてつくるプロポリスには、強力な抗菌作用や抗炎症作用などが備わっているものの、特有の苦みや辛み、ピリピリした刺激があります。
その味は決しておいしいものとはいえないため、つづけるのが苦痛になってしまう場合も多々あるのです。
プロポリスは健康食品のため、有益な効果を得るには一定期間つづけて摂る必要があるので、飲みやすいプロポリスを選ぶことが重要といえます。

錠剤(タブレット)タイプ

錠剤タイプのプロポリスは、デンプンや乳糖などを使ってプロポリスを固形にした製品で、飲みやすいだけでなくつづけやすい製品の一つです。
口に入れて水で飲み込むだけの錠剤タイプは、形状を整えるためや服用を便利にするための賦形剤が使用されているので、独特の風味や刺激が抑えられ、非常に飲みやすくつくられています。
また、携帯が簡単で保存もしやすい利便性の高さや、ヤニの後始末の手間も省ける扱いやすさにより、継続しやすいのが特徴といえます。
一方、錠剤として固める際に余分な賦形剤や潤沢剤を使っているのがデメリットにもなるため、購入の際には含有成分をチェックするのをおすすめします。

カプセルタイプ

カプセルタイプにはソフトとハードの2種類があり、錠剤タイプと同様に飲みやすく扱いやすいプロポリス製品に挙げられます。
錠剤タイプより溶けやすく、液体タイプより飲みやすいのが特徴です。
しかし、特にソフトカプセルは、内容物がしみ出さないように多量の油脂でコーティングされているため、肝心のプロポリスの含有量が減ってしまうデメリットがあります。
また、錠剤タイプのようにプロポリスやその有用成分の含有量の表記がないものがほとんどなので、原材料をよく確認する必要があります。
疑問点や不安な点は、直接メーカーに問い合わせたり、信頼の置けるメーカーから購入したりする知識が求められます。
そのため、市販されている空のカプセルにプロポリス液を詰めて飲む方法は、高濃度のプロポリスを効率よく摂取できるとして推奨される場合もあります。

キャンディ(のどあめ)タイプ

のどあめとして利用するには、少々高い価格のキャンディタイプは、プロポリスの独特の刺激臭や風味がどうしても受け付けられない人や、初心者向けの製品となっています。
飲みやすくするためのハチミツや砂糖、水飴などの糖分などを含んでいるので、プロポリスの持つ刺激や苦みが抑えられ、口に入れる際のストレスが軽減されているのが大きなメリットです。
その分、プロポリス自体の含有量は少なめなのがデメリットですが、低刺激で摂りやすい製品のため、プロポリスの味を気軽に体験するには最適ともいえます。
また、のどに違和感を覚えたときに食べると、痛みなどの緩和に即効性が期待できるため、のどの保護や風邪予防に活用するのがおすすめです。

スプレータイプ

うがいやマウスウォッシュなどの目的で、のどや口内のケアに用いるスプレータイプも、低刺激で利用しやすいプロポリス製品に挙げられます。
味を調えるための成分を含んでいるために、プロポリス濃度は低くなっているので、スプレータイプも初心者に適しているといえます。
スプレータイプの容量は20~30mlの製品がほとんどであり、小さく軽量なので携帯に便利な点や、のどの気になる箇所に直に吹きかけられる点がメリットです。
また、服用のたびに水を飲む必要がない手軽さが大きな利点といえ、時間や場所を気にすることなく一瞬で使用が完了するのがスプレータイプの魅力となっています。

ワックスフリーのプロポリス

ワックスフリーのプロポリスとは、プロポリスの有用成分をアルコールなどで抽出したのち、ろ過して油脂分であるヤニを除いた製品です。
一般のプロポリスは樹脂や蜜ロウなどの油脂を含む脂溶性のため、水に溶けにくい性質であるものの、ヤニを除去したワックスフリーは水によく溶けるのが特徴です。
そのため、粘着性がなく歯や食器へのヤニの付着が避けられ、ヤニを落とす手間を省けることから扱いやすく飲みやすいプロポリスといえるのです。
ワックスフリーのプロポリスは、水溶性のためそのまま摂取でき、有用成分の吸収率も高まるメリットのほか、手間のかかるヤニをはじめから除いているために継続しやすい利点があります。
なお、ワックスフリーの製品をつくる過程で除いたヤニも、プロポリスの有用成分を含んでいますが、一般のプロポリス製品と比べてその影響はほとんどないため、安心して活用できるのが強みといえます。

こんな記事も読まれています

トップに戻る