メインイメージ

プロポリスとの共通点を持つエキナセアとは

ミツバチが植物の樹脂や樹液を採取し、自らの分泌物と混ぜ合わせてつくり出すプロポリスは、高い抗菌作用を持つ粘着性の物質です。
人体に利用すると、その優れた抗菌・殺菌効果によって幅広い薬効が期待でき、風邪の予防や症状の軽減にも効果を発揮します。
プロポリスに似た作用や効能を持つものには、免疫強化に優れたハーブの『エキナセア』も挙げられます。
古来ネイティブ・アメリカンの間で利用され、現在では欧米で医薬品や自然治療薬として認められているエキナセアは、プロポリスと共通点を持つことから相性のよい植物といえるのです。
この記事では、プロポリスとの共通点を持つエキナセアについてご紹介します。

エキナセアとは?

エキナセアとは、北アメリカを原産とするキク科の植物で、ムラサキバレンギクやパープルコーンフラワーとも呼ばれるハーブの一種です。
夏から秋にかけて紫色の花を咲かせるエキナセアは、花の中央にある円錐状の種子がトゲのように見えるため、ギリシャ語でハリネズミを意味する『echinos(エキノース)』が命名の由来となっています。
もともとネイティブ・アメリカンの間では、400年以上も万能薬として用いられたハーブで、風邪やケガのほか毒蛇に噛まれたときの洗浄剤としても利用されていました。
また、主に紅斑熱やマラリア、ジフテリアや梅毒などの感染症の治療薬として用いられたと伝えられており、抗生物質が開発されるまで歯やのどの痛み・風邪の治療にも重宝された歴史があります。
19世紀末にはヨーロッパにも持ち込まれて栽培が始まり、それ以降はドイツを中心にエキナセアの持つ効能の研究がつづけられています。
日本での知名度はそれほど高くないものの、ヨーロッパでは初期の風邪に有効な医薬品として普及しているほか、アメリカでは2013年には60億ドルもの売り上げを達成するほどの強い支持を集めるサプリメントの一つとなっています。

エキナセアの特徴と期待できる効果とは?

エキナセアには抗炎症作用を持つ多糖類や、抗酸化作用も備えたフラボノイドやカフェイン酸誘導体などの薬効成分が多数含まれているのが大きな特徴です。
そのため、免疫機能を高める働きに優れており、風邪やインフルエンザなどの予防に効果が期待できます。
以下でその主な働きや期待できる効果についてご紹介します。

風邪の予防や症状の軽減に有効

エキナセアを服用した人が風邪をひきにくくなったり、風邪をひいている期間が約一日半短縮されたりすることが、エキナセアに関する研究で明らかになっており、特に風邪のひき始めに用いるとより効果的とされています。
エキナセアを医薬品に認定しているドイツでは、風邪の予防・軽減のほか、頭痛やのどの痛みの緩和、鼻炎や咳・発熱の軽減、胃や腸を含む腹痛・歯の痛みの改善など、多くの薬理効果を発揮するとして利用されているのです。

感染症の予防や治療に有効

強力な抗炎症作用を持つエキナセアは、インフルエンザをはじめ、歯周病や内耳感染症、尿路感染症や性器ヘルペスなど、幅広い感染症の治療薬としても高い効果を発揮します。
エキナセアに含まれる多糖類などの働きによって、免疫機能を担う赤血球の一種であるマクロファージが活性化され、免疫力を高めることで上記のような症状に有効と考えられているのです。
上記のほかに、
・アトピー性皮膚炎や水虫の治療
・消化器系の働きの活性化による便秘の改善
・全身のあらゆる関節の痛みを軽減
といった効果も確認されています。

エキナセアの注意点とは?

エキナセアは基本的に副作用の心配がなく使用できる、安全性の高いハーブとはいえ、ごくまれに副作用が現れる可能性があります。
服用した場合には頭痛やめまい、動悸や吐き気・嘔吐、腹痛・下痢、舌のしびれや味覚障害などのほか、肌に塗った場合にはかゆみやじんましん、皮膚の赤みや発疹が現れるといった症例が報告されています。
強力な免疫強化作用を備えているエキナセアは、短期間での服用が推奨されているので、長期の服用や過剰摂取は控えるように注意が必要です。

エキナセアとプロポリスの共通点などについて

プロポリスはミツバチの巣の補強材に使用されるだけでなく、内部の細菌の繁殖を防いで衛生状態を保ち、巣を腐敗から守る重要な役割を担う抗菌物質です。
プロポリスは原料となる植物の種類や採取時期などにより、含まれる成分や効果に差があるものの、総じて強力な抗菌・殺菌作用や抗酸化作用が備わっています。
また、300種以上もの成分を含むプロポリスには、主成分としてアルテピリンCやp-クマル酸などの桂皮酸誘導体や、多数のフラボノイドが挙げられます。
主成分の持つ抗菌・殺菌作用によって、風邪の予防や軽減、インフルエンザの予防、虫歯や歯周病・口内炎の予防や改善といった効果が期待できます。
エキナセアもプロポリスも、抗菌・殺菌に作用するフラボノイドを含む共通点を持つことから、同時に摂ると免疫力を強化して風邪の予防や軽減、インフルエンザに代表される感染症を防ぐため、より優れた効果が期待できるのです。

こんな記事も読まれています

トップに戻る